メインコンテンツエリアにスキップ

ライター・イン・レジデンス

ライター・イン・レジデンスについて


台湾文学ベース(略称「台文ベース」)は台湾文学や台湾文化に関する創作と実験を推進するプラットフォームです。クリエイターと読者、そして文化クリエイティブ産業との出会いを促すため、季節ごとのテーマに応じ、日式宿舎で短期滞在できる国内外の文学クリエイターを募集しています。また、台湾文学作品を愛する読者との交流イベントも定期的に開催しています。
3か月に1度開催される、ライター・イン・レジデンスをテーマとした座談会では、招聘したクリエイターと共にそれぞれの文学ジャンルにおける表現方法や特色を模索するほか、他業界との協働や二次創作および翻訳といった知的財産(Intellectual Property、略称「IP」)の活用について話し合うなど、出版社とのマッチングも行います。文化クリエイティブ産業の実態をクリエイターが知ることで、より可能性を持った実験的な創作へと繋げます。
2020年には、その年に即した話題に応じ「疫病/終末/伝染」をレジデンス活動のテーマに掲げ、小説・エッセイ・詩・ドラマ・映画やテレビの脚本・文学翻訳・ノンフィクションそのほか幅広いジャンルのクリエイターを募集し、テーマ別の文学創造プロジェクトを立ち上げました。各季ごとにレジデンス・クリエイターの制作計画や定期交流活動などの関連情報を公式サイトで発表しています。イベントへのご参加をお待ちしています。

フッターサイト情報

トップに戻る